アーティストの方と一緒に作品を作ることができる子どもたちが羨ましい。

新聞を読んでいて、小中学校の授業でアーティストが授業をしてくれるという取り組みがあることを知りました。この授業では、アーティストの方と一緒に作品を作り、出来上がったものを美術館に展示する企画なのだそうです。子どもの頃にアーティストの方と直に触れて、アートを作り出す体験することは本当に良い機会だと思います。私も小中学生の時に美術が大好きで、生涯ずっと絵を描き続けたいと思った時がありました。でも絵だけではご飯を食べていくことは不可能だと感じ、絵を描くことを諦めました。美術は作るのではなく見ることに決めました。でも、小中学校の時にアーティストの方と触れ合う授業があるのは羨ましいことだなと思いました。私は大人ですが、子供たちに交じって授業を受けたいです。今まで、小中学校時代に戻りたいなんて一度も思ったことはありませんでした。でもこの新聞記事を読むと、一瞬だけでも良いで小中学校時代に戻りたいなと思いました。

アーティストの方と一緒に作品を作ることができる子どもたちが羨ましい。